レッスン生の声

......................................................................................................................

 

飯塚 萌木 (ミュージカルアニー2007ケイト役、2009アニー役、

       劇団四季サウンド・オブ・ミュージック初演ルイーザ役 )

アニーに出たくて、5歳からタップを始めました。

最初のスタジオでは、大人数のグループレッスンで、見よう見まねで回りの子のまね
をし、たまに先生が回ってくる感じで、3ヶ月経っても全然進歩しないし、全く面白
くありませんでした。

亜由先生には身体の使い方から丁寧に教えていただいて、最初は難しかったけれど、
きちんとできるようになるまで繰り返し繰り返し教えてくれるので、がんばれまし
た。

できるステップがどんどん増えて、タップが大好きになりました。

初めて受けたアニーのオーディションは、先生のおかげで自信をもってタップ審査も
受けることができて、モリー候補として最終日まで残ることができました。

2007年のオーディションでは、孤児役とタップキッズ両方の最終審査に進むことがで
き、結局ケイト役で合格しましたが、大きいお姉さんたちと一緒のタップ最終審査は
忘れられません。

アニー、サウンド・オブ・ミュージックと、舞台が続き、4年もお休みしてしまいま
したが、どうしてもまたタップがやりたくて再開しました。 先生に基礎をきちんと
教えていただいていたおかげで、びっくりするくらい足がステップを覚えていまし
た。



( お母様より )

 

初めてアニーを観たのはまだ娘が4歳でした。娘とそれほど変わらない小さな子供が
タップダンスまで踊っていることにびっくりしました。どうしてもあの舞台に私も立
ちたいと言われて、タップの先生を探しました。手ほどきの早い段階で亜由先生に出
会えたのは本当にラッキーでした。

まだ四肢の発達が十分でない小さな子供が習うには、タップはかなり難易度の高いダ
ンスだと思いますが、できない自分に焦ってともすれば涙になってしまう娘に、先生
は本当に根気よく一つ一つステップを定着させて下さいました。

先生のおかげで娘はタップが大好きになり、ホームで電車を待つ間に自然にタップを
踏んでいるほどでした。

アニーに出たいという子供の意思を受け止めて、子供だからと上限を決めることな
く、舞台に立つ者としての心構えも伝えて下さっていたと思います。先生のおかげで
娘はちがう景色を見ることができました。

AYU Tap Party

アユ タップパーティー

 

 

 

2018/9/2

レッスン生によるタップライブ

 AYU Tap Party TAP LIVE

vol.2

 

ご来場いただきましてありがとうございました★